練習レポートのご紹介・詳細 練習レポートのご紹介・詳細

志木キッズチャレンジスポーツ

投稿者 野田智子 

コラム内容

こんにちは。

先日11/11(日)に、埼玉県志木市でおこなわれた『
志木市キッズチャレンジスポーツ』というイベントに参加してきました!

志木市では、「
キッズチャレンジスポーツ」と題して、子どもたちが「やってみたい!」と興味を持ち、ニュースポーツを含めさまざまなスポーツに触れることの出来る機会を提供するためのイベントを毎年開催しています。

今年は
バスケットボール!!
小学校1~6年生、80名のお友達が参加してくれました!!

今回は、バスケット初心者のお友達が多かったので、いかに「楽しかったーー!!」や「やったー!できたーー!!」と感じてもらえるかに重点をおいて指導しました。
細かいルールや難しい技はヌキ!
なんとなく、バスケットボールというスポーツはこういうものなんだと体感してもらい、楽しさを感じてもらえたらという想いを込めて練習しました。

私は「パス」を担当したのですが、私のところではボールへの苦手意識や恐怖心を取り除くために、キャッチの練習から始めました。
ボールが怖いのは、上手くキャッチ出来ずに痛い思いをするからだと思います。
なので、まずはキャッチのための手を準備することを練習します。

■手のひらをボールに向けて前に伸ばす
(前ならえのように指を前に向けてしまうと、突き指しちゃう!)
■人差し指と親指で三角形を作る (おにぎり!)


この手を準備することを「ハンズレディ」といいますが、今回は「おにぎり」というネーミングにしました。
これをしっかり準備するだけで、前から飛んでくるボールは怖くなくなると思います。

その後に、頭の上からくる高いパスをキャッチする練習をしましたが、手の準備を忘れてしまっている子に「
おにぎり!!」と声をかけると、手をパッと準備するようになりました(^^)
手の準備が出来ていると、上からくるボールも怖くなくなります。

ボールが怖くなくなれば、もっとボールを使ったスポーツを楽しめますね。
そのたくさんのボールを使ったスポーツの中から、一人でも多くのお友達がバスケットボールを選んでくれたら嬉しいです!!




 






 

 

一覧に戻る

Page Top